当協会の概要

協会ロゴマーク一般社団法人 秋田県建設業協会 ロゴマーク 平成15年製作

団体と概要

設 立

 本協会は、昭和8年に設立された「秋田県土木建築請負業協会」が前身で、昭和23年に「社団法人 秋田県土木建築業協会」、さらに、昭和24年には、「社団法人 秋田県建設業協会」と名称を変更。
 平成24年4月1日からは公益法人制度改革に伴い、「一般社団法人 秋田県建設業協会」へと名称が変更となりました。
 構成企業数は259社。(平成28年8月1日現在)

目 的

 本協会は、会員相互の緊密な連絡と協力により、経営の改善を図りその福祉の増進をもって、建設業の健全な発展に貢献いたします。
 また、建設事業を通じ秋田県の住宅・社会資本整備の充実を図り、地域に根ざした基幹産業として地域経済の活性化、公共の福祉の増進に資することを目的としています。

組織・運営

 組織機構は、総会・理事会の議決機関、協議員会、常置委員会、事務局の執行機関、8会員(協会)の事業執行機関からなり、相互に補完しながらそれぞれの機能を発揮して活動を展開、会員は独自の運営ができる機構となっています。
 役員は、会長(代表理事)1名、副会長3名、専務理事1名、理事10名(会長、副会長、専務理事を含む)、監事4名となっています。
 委員会は、土木委員会、建築委員会、経営委員会、労務委員会、雇用改善推進委員会、青年部会、秋田県市町村前払促進委員会、会館建設検討委員会、公益法人制度改革検討委員会が設置されています。
組織図(PDF形式)