工事情報共有ASP(工事監理官ASPサービス)

工事情報共有システムの目的

 国土交通省では、「三者会議」、「ワンデーレスポンス」、「設計変更審査会」をパッケージで導入する「公共工事総合プロセス支援システム」を21年度から試行しております。
 同システムの導入は、発注者と受注者が工事に関する情報を共有し、施工の各段階でコミュニケーションを密にすることにより生産の効率化を図り、受注者の工事採算向上につなげるのが目的であり、秋田県内における東北地方整備局発注工事では東北インフォメーション・システムズ(株)が提供する工事情報共有ASP「工事監理官」を運用・試行しています。

「工事監理官ASPサービス」利用申し込みについて

 一般社団法人 秋田県建設業協会では、「工事監理官ASPサービス」の契約取次を行っております。
 東北地方整備局発注工事において同サービスのご利用を希望される場合は、以下掲示の利用申込書をダウンロードの上、必要事項を記入して協会の指定メールアドレスまで送付して下さい。

ご利用に関するご案内

利用申請書等のダウンロード

お申込に当たっての注意等

  • 登録ユーザの電子メールアドレスに誤りが無いことをお確かめ下さい。間違っていますと利用開始通知などの諸案内、ID・パスワードが配信されません。
  • 誤ったメールアドレスを登録の場合は、変更申込みにより訂正をお願いします。その際、ID・パスワードの再通知が必要な場合はその旨を電子メールに明記してください。
  • ID・パスワードは継続して利用しますので、「工事監理官ASPサービス」を利用したことのあるユーザに対して次回契約の際は改めて通知されません。
  • ID・パスワードをお忘れの際などは速やかにヘルプデスクへご連絡ください。
    (平成24年7月のバージョンアップでパスワード再発行機能が実装されました)

お問い合せ先

[利用申込・契約について]

一般社団法人 秋田県建設業協会
TEL 018-823-5495 藤谷、佐藤
メール i-share@a-kenkyo.or.jp
(申請書の送付先はこちら)

[ASPの内容・操作等について]

ヘルプデスク:(一社)東北地域づくり協会
ヘルプデスク窓口 TEL 022-399-6182
メールでの問合せ cals@kyokai.or.jp